電話番号変更のお知らせ

さて、この度弊館では、電話番号及びFAX番号を以下のとおり変更しましたので、お知らせ申し上げます。

Tel:052-753-5024

Fax:052-753-5025

つきましては、お手数ですがお手元の名簿や番号など、ご訂正頂ければ幸いに存じます。

 

移転のお知らせ

さて、幣館は下記へ移転し、業務を行うことになりましたので、ご案内申し上げます。電話番号(052-979-5578)については、当面変更はございませんが、つながらない場合は、担当瀬辺の携帯(090-2949-4275)までお願いいたします。

 

移転先:名古屋市千種区高見2-7-7 ユニオンビル301   

※最寄り駅は地下鉄東山線「池下駅」より徒歩3分

入国要件の改定のお知らせ(12月12日発効)

カンボジア保健省は2020年12月4日に外国人渡航者の入国要件の改定(12月12日より発効)を発表しました。以下、その内容の要約です。スポンサーシップ制度は12月12日より一時中断します。

入国制限

  • ビザ免除措置及びeビザとアライバルビザを含む観光ビザの一時停止

  • すべての入国者(カンボジア人含む)に14日間の隔離の義務付け

外国人渡航者

準備書類:

  • 出発の72時間前以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書

  • 在外公館で発行された有効なビザ

  • 20日間有効で90ドルの新型コロナウイルスの健康保険パッケージの購入

この保険パッケージは、下記の保険会社から購入可能。

FORTE Insurance Company(https://www.forteinsurance.com/covid-19-insurance/

 

 到着時:

  • 上記の書類を提示する。

  • 指定の商業銀行に2,000ドルのデポジット(現金またはクレジットカード)を預ける必要がある。 このデポジットは、隔離中のサービスの支払い(宿泊費や食費等)で差し引かれ、隔離期間終了後3日以内に返金されます。

  • PCR検査後、保健省の指定するホテル(1泊60ドル~75ドル)で14日間の隔離となり、隔離期間の13日目に2度目のPCR検査を受ける。

カンボジア人

準備書類:

  • 出発の72時間前以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書

  • 在外公館で発行された有効なKビザ(外国のパスポートを所持の場合)

到着時:

  • 上記の書類を提示する。

  • PCR検査後、保健省の指定する施設で14日間の隔離となり、隔離期間の13日目に2度目のPCR検査を受ける。

 

※スポンサーシップ制度については12月12日以降一時中断

※PCR検査の結果が陽性だった場合、陽性者の関係者を迅速に追跡する為、保健省の公式メディア等で陽性者の情報が開示されます。

※PCR検査は鼻咽頭スワブに基づき、証明書に医師の署名がなかったり、医師の署名以外に手書きの部分があったりした場合、入国が認められないケースがあります。また、証明書の陰性を示すには「PCR SWAB Negative」の表記が必要で、「PCR Negative」だけでは入国を拒否される恐れがありますので、ご注意ください。

 

年末年始休館日のお知らせ

在名古屋カンボジア王国名誉領事館は下記の期間、休館とさせていただきます。

休館日:

2020年12月26日(土)~ 2021年01月04日(月)

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

入国要件の改定のお知らせ(※12月7日追記)

カンボジア保健省は2020年11月11日に外国人渡航者の入国要件の改定(11月18日より発効)を発表しました。以下、その内容の要約です。スポンサーシップ制度は12月12日より一時中断します。

 

スポンサーシップ制度を利用する外国人渡航者(カンボジアでの滞在が14日間以内で日本、中国、韓国、ベトナム、タイ、アメリカ及びEUからの渡航者):

※12月12日以降一時中断

必要書類:

  • 出発の72時間前以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書
  • カンボジア政府に承認された支払い保証証明書及び行動計画書
この証明書はカンボジアの会社の代表、株主等が支払いを保証し、
ビジネス登録サイト(www.registrationservices.gov.kh)
で申請する必要がある。
渡航目的と入国後14日間の詳細な行動計画も必要になります。

 

  • 在外公館で発行された有効なビザ

到着時:

  • 上記の必要書類を提示する。
  • PCR検査を受ける特別優先レーンの使用権がある。
  • 検査後、保健省の指定するホテルで待機し、テスト結果が陰性の場合は行動計画書に従って活動を行うことが可能。

 

その他一般の外国人渡航者

必要書類:

  • 出発の72時間前以内に発行された新型コロナウイルスの陰性証明書
  • 在外公館で発行された有効なビザ
  • 20日間有効で90ドルの新型コロナウイルス治療用の健康保険パッケージの購入
この保険パッケージは、下記の保険会社から購入可能。
FORTE Insurance Company(https://www.forteinsurance.com/covid-19-insurance/)

 

到着時:

  • 上記の必要書類を提示する。
  • 指定の商業銀行に2,000ドルのデポジット(現金またはクレジットカード)を預ける必要がある。 このデポジットは、隔離中のサービスの支払い(宿泊費や食費等)で差し引かれる。
  • PCR検査後、保健省の指定するホテルで14日間の隔離となり、隔離期間の13日目に2度目のPCR検査を受ける。

 

※PCR検査は鼻咽頭スワブに基づき、証明書に医師の署名がなかったり、医師の署名以外に手書きの部分があったりした場合、入国が認められないケースがあり、証明書の陰性を示すには「PCR SWAB Negative」の表記が必要で、「PCR Negative」だけでは入国を拒否される恐れがありますので、ご注意下さい。

 

 

外国人渡航者の入国要件の改定のお知らせ

カンボジア政府のスポンサーシップ制度の導入により、カンボジア保健省は外国人渡航者に対し、入国要件の改定を発表した。以下、その内容の要約です。

 

1. 支払い保証された外国人渡航者とその家族

必要書類:

  • カンボジア入国の72時間前以内に発行され新型コロナウイルスの陰性証明書
  • カンボジア政府に承認された支払い保証証明書

この証明書はカンボジアの会社の代表か株主が支払いを保証し、ビジネス登録サイト(www.registrationservices.gov.kh)で申請する必要があります。

  • 在外公館で発行されたビザ
  • カンボジア入国の少なくとも3日前に予約したホテル(下記のどちらか)の予約確認書

Sokha Hotel Phnom Penh (www.sokhahotels.com)

総費用は385ドル(2泊分の宿泊費220ドル、2日間の食事費60ドル、PCR検査費と送迎費105ドル)

TIAN YI international Hotels (www.tianyihotels.com)

総費用は315ドル(2泊分の宿泊費150ドル、2日間の食事費60ドル、PCR検査費と送迎費105ドル)

到着時:

  • 上記の必要書類を提出する。
  • PCR検査を受けるために特別優先レーンの使用権がある。
  • 外国人渡航者が14日間隔離された場合、スポンサーはすべての費用を負担する。
  • 外国人渡航者が新型コロナに感染した場合、スポンサーは完治するまでの医療費を支払う。
  • スポンサーは法律を遵守し、外国人渡航者のために保健省と協力する必要がある。

 

2. 招聘された外国人渡航者とその家族

必要書類:

  • カンボジア入国の72時間前以内に発行され新型コロナウイルスの陰性証明書
  • カンボジア政府に承認された招聘証明書

この証明書はカンボジアの会社の代表か株主が招聘し、ビジネス登録サイト(www.registrationservices.gov.kh)で申請する必要があります。

  • 在外公館で発行されたビザ
  • 新型コロナウイルス保険の加入証明書

下記の保険会社の新型コロナウイルス保険に加入する。(費用は90ドルで20日間有効)

FORTE Insurance Company(https://www.forteinsurance.com/covid-19-insurance/)

  • カンボジア入国の少なくとも3日前に予約したホテル(下記のどちらか)の予約確認書

Sokha Hotel Phnom Penh (www.sokhahotels.com)

総費用は385ドル(2泊分の宿泊費220ドル、2日間の食事費60ドル、PCR検査費と送迎費105ドル)

TIAN YI international Hotels (www.tianyihotels.com)

総費用は315ドル(2泊分の宿泊費150ドル、2日間の食事費60ドル、PCR検査費と送迎費105ドル)

到着時:

  • 上記の必要書類を提出する。
  • 隔離期間のホテルの宿泊費等を賄うための2,000ドルを預ける。
  • PCR検査を受けるために特別優先レーンの使用権がある。

 

3. 支払い保証も招聘もない外国人渡航者とその家族

4. その他の外国人渡航者

必要書類:

  • カンボジア入国の72時間前以内に発行され新型コロナウイルスの陰性証明書
  • 在外公館で発行されたビザ
  • 新型コロナウイルス保険の加入証明書

下記の保険会社の新型コロナウイルス保険に加入する。(費用は90ドルで20日間有効)

FORTE Insurance Company(https://www.forteinsurance.com/covid-19-insurance/)

到着時:

  • 保健省による2020年6月11日付のお知らせに従う。
  • 隔離期間のホテルの宿泊費等を賄うための2,000ドルを預ける。

 

※詳細についてはこちらをご確認ください。(英語)

 

夏季休館日のお知らせ

在名古屋カンボジア王国名誉領事館は下記の期間、休館とさせていただきます。

休館日:

2020年8月13日(木)~16日(日)

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

カンボジア入国時の防疫措置について

カンボジア当局は新型コロナウイルスの拡散防止、封じ込め及び対応に関する措置の改正を発表しました。(5月20日より発効)以下、その内容の要約です。

・カンボジアへ入国する全ての渡航者はカンボジアに向けた渡航の72時間前以内に日本の保健当局等から発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書、及び保険金額が5万米ドル以上の保険証書を提示する必要があります。

・カンボジアへ入国する全ての渡航者(カンボジア人含む)は到着時に新型コロナウイルスの検査を受け、検査の結果が出るまでの間、カンボジア政府が指定する場所で待機する必要があります。

・1人でも陽性者が確認された場合は、乗客全員が、カンボジア当局が指定した施設での14日間の隔離対象となります。

・乗客全員の陰性が確認された場合は、地元当局及び保健当局等の観察下において、自宅等での14日間の自主隔離が求められ、隔離13日目に再度検査が必要になります。

 

カンボジアへの入国制限について

新型コロナウイルスの拡散防止とアセアン諸国の講じた措置に沿って、カンボジア王国政府はすべての外国人に対し、カンボジアへの一時的な入国制限措置を決定いたしました。(2020年3月30日23時59分より発効) 以下、その内容の要約です。

・ビザ免除措置、観光ビザ、e-visa及びアライバルビザの発給の停止(1ヶ月間)
・カンボジアへ渡航を希望する外国人は、在外カンボジア公館でビザを取得する必要があります。
・渡航の72時間以内に発行された、新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康証明書の提示が必要になります。
・カンボジア滞在中に5万米ドル以上の医療費を補償する保険証書の提示が必要になります。
・カンボジア入国の際には、スクリーニング検査を受け、カンボジア保健省による強制隔離、検疫、その他のウイルス封じ込めの指示に従う必要があります。